てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

12月27日(木)、雑談。

水曜日の走行距離は75kmくらい。

午前中に連絡つかなきゃいけない電話先が何件かあって、12時にスタートして15半時くらいまで走った。

気温が上がっていく朝よりも、下がっていく夕方の方が寒さが厳しいので、いつも16時には帰ってくるようにしてる。


服装は、

夏インナー→レース用の高価なヒートテック→ふつうの安いヒートテック→薄手のジャケット→ウィンドブレーカー

で5枚。

3枚くらいで済むような高機能ウェアは高いので、買わずに重ね着が主。ウェアにお金使うなら1本でも多くのホイールが欲しいのが本音。


5枚も着るとかなり動きにくい。下もタイツ2〜3枚とサロペットが2重にバッテンしてるから、とにかく姿勢を下げるのが苦しい。正直にいうと姿勢を下げるのに筋力を使ってしまっている。

冬は風とセットだから、姿勢を下げないとちっとも進まないのはサイクリングもレースも同じ。

千葉市から太平洋に南下するコースだと、帰りの80kmは全部向かい風。腹筋などはなるべくペダリングのパワーに使いたいところなのに姿勢を下げるのに使ってしまっているわけだから、かなり疲れる。



今日は自転車乗らずに整備。

パーツを受け取らないといけなかったから、お店に待機してた。

途中でちょくちょくヒードランを取りに出かけたりしながら、21時に整備終了。3台中2.8台ほど組み上げたところで、ようやく年末が見えてきた。

最後の仕事は請求書作りだな。



f:id:freedomtencho:20181227220246p:plain

住民票をファミマにとりにいく。

午前中はインターネットのシステムエラーで取れなくて夕方になってしまった。

住民票ブームでも起きたのかな?



f:id:freedomtencho:20181227220754j:plain

f:id:freedomtencho:20181227220803j:plain

ギラティナ育てた。

攻撃型のオリジンフォルムまで待つつもりだったけど、対人戦が実装されたので防御型のアナザーフォルムを育てることにした。

pvpでは3ゲージ技は強いからだ。

対人戦で猛威を振るっているラティとグロスの両方を面倒見れるポケを探した結果、ギラティナだった。

ミラーマッチに弱いので、育てる人が少ないことを祈ろう。


第1世代から第3世代までの伝説系ポケモンは一通り育ててあるので、マスターリーグでもそれなりには戦える。

ただし技解放するまでにはアメが足らず、全てには至っていない。

ふしぎなアメは貴重なので、大発見や復刻を待ちながら少しずつ解放していこう。

f:id:freedomtencho:20181227222111j:plain

育成が遅れていた第2世代のライコウエンテイスイクンは、せっかくなのでハイパーリーグやスーパーリーグに用いることにした。

そして第4世代はギラティナクレセリアもアンダー2500クラスで使うことを前提に、技解放を優先してpvpで使おう。

pvpは育っていることよりも技解放されているかどうかの方がはるかに大事。

それにせっかく頑張ってレイドで集めてるのだから、はやく使ってみたいよね!



12月25日(火)、雑談。

朝練220km。鴨川まで南下したあと九十九里を左折して帰ってきた。

パワー出さない代わりに休憩もしない、散歩とダイエットの中間って感じのサイクリング。

 

 

クレセリアを育てた。

f:id:freedomtencho:20181225211529j:plain

私は対戦ゲームでは、どちらかというと攻めて勝つよりも受けて勝つ方が好きだ。だからパーティも全体的に防御力の高いポケモンの使用率が高い。

となるとクレセリアは存在の方向性が大好きで、クレセリアを中心としたパーティを1つ作っておきたかった。育成と技解放のコストが莫大なので、まだアンダー2500クラスや無制限クラスで使っている人も少ないだろう。

アンダー2500はドラゴン勢が特に強いクラスなので、対策に1~2枠くらい使わないとパワーで押し切られてしまう。

freedomtenchoってクレセリア使ってくるんだよねーって噂されたい。

 

 

鴨川から帰ってきて整備。

9時間自転車乗った後に3時間整備っていうのは、少し体力ついたかも。

f:id:freedomtencho:20181225210403j:plain

今年の整備は残すところ3台。2台はパーツ配送待ちなので納品終えられるのは年内ギリギリになるだろう。

結局お店閉めてもバイク組んでるだよね...。 

f:id:freedomtencho:20181225211338j:plain

ルックの専用クランクって、デリバリーの段階ですでにBBがフレームに接着剤で接着されてるんだけど、組むときには外さなきゃいけない。

「組むつけるときには接着剤を使って下さい」って説明書に書いておくだけでいいとおもうんだけど...。

 

 

 

12月24日(月)、和光ケミカル講習会。

今日は臨時的にお店を開けて、洗車の講習会。

和光ケミカルに来てもらって実演してもらう。フリーダムにおいて、和光ケミカルに来てもらっての洗車講習会をするのは2回目となる。

 

なぜ和光ケミカルに来てもらったかというと、1つの大きな理由として近隣の他の店の人にも来てもらいたかったから。

自分が買った店以外に行くというのは、心情的にかなり難しいと思う。このときフリーダムの店長が講習するよりも、和光ケミカルにやってもらった方が、いくばくか第三者が参加しやすいのではないかと考えた。

 

このブログは、ヒット数的にはフリーダムのお客さんよりもそれ以外の人たちが見てる数の方がはるかに多い。

ここでぜひみんなに覚えておいてほしいのが、こういった講習会において、全てのショップは和光ケミカルにお金を払っていないこと。

例えば著名な業界人を呼びよせて講演会をすれば派遣料が必要になるだろうが、こと和光ケミカルが全国的に行なっている講習会のおいては、私たちショップはいっさいお金を払っていないのだ。


自身でできることを依頼して報酬も払わず申し訳なく、だからこそお店は売上として貢献しなければいけないし、講習を受けた人たちにもぜひ和光ケミカルの製品を買ってほしいと思う。

和光ケミカルは性能が高い代わりに値段もかなり高い。ホームセンターなどで簡易的にそろえたほうが安く済むかもしれない。

でも世の中のほとんどの講習会ではお金がかかるだろう。中学生の学習塾ですら一コマ数千円かかるのだ。何かを教わる時に無料であること自体に疑問を感じるようでなければならない。

 

私がフリーダムを作った10年前は、水で洗車することなどキチガイの所業だと批判されたものだった。しかし今はおそらく、ロードバイクたるもの水で洗車しても大丈夫だという認識が十分広まったと思う。水洗車をしていることによる風評被害は無くなった。

一般ユーザーに水洗車を認識させてくれたのは間違いなく和光ケミカルだ。

和光ケミカルの自転車事業部が出来てから7年ほど経ち、その間ボランティアとも草の根運動ともいえる小さな活動の積み重ねのおかげなのだ。


講習会1回で生まれる売り上げ金額など和光ケミカルにとっては交通費にすらならない。特にフリーダムは水洗車が基本だから、他の店の洗車コストよりはるかに低く、和光ケミカルに落とす金額もかなり少ないはずだ。

フリーダムは何年も何10年も溶剤を購入し続けさせてもらってようやく、和光ケミカルが自転車界にもたらしてくれた賜物と、キチガイショップのレッテルを剥がしてくれたことに対する恩返しができるのだ。

 

f:id:freedomtencho:20181224232557j:plain

和光ケミカルが行っている水無し洗車の基礎は、フリーダムと和光ケミカルのとある人物が作ったものなんだ、実は。

まだ和光ケミカルに自転車事業部が無い頃の話。

自転車業界は基本的には間接的に和光ケミカルの商品を買っていた頃、私はクルマ業界のバンセールスを招いて、ケミカルの知識を学ばせてもらっていた。

今はどうか知らないが、自転車の資格はいくつもあれど、ケミカルに関する資格は皆無だった。だから自転車屋がケミカルの知識を持つ機会そのものが無かったし、実際にケミカルの知識のある自転車屋も少なかったし、業界全体でバイクを水で洗ってはいけないという盲目的な認識があったのもこのせいだった。

だからこそ当時の私は、フリーダムが洗車やケミカルの知識に秀でれば、洗車において抜き出た存在になれると考えた。それはきっと正解だった。今でこそフリーダムの洗車技術は他店と変わらないが、当時のフリーダムは相対的に高い技術を持っていた。

 

その後、和光ケミカルが国道16号(千葉サイタマ神奈川をぐるっと環状する国道)の内側を初動の活動範囲として自転車事業部を立ち上げた時に、少しばかり協力することができた。

和光ケミカルは私よりケミカルの知識があるけど自転車業界や自転車屋の事情は知らない。私はケミカルの知識は無いけど自転車屋の環境やお客さんの洗車環境のことなら知っている。合わさればどちらにも精通することができるだろう。

みんなが自転車屋から薦められるフォーミングマルチクリーナーを私が作ったとは言わないが、アイデアのきっかけのひとつではあったかもしれない。合わせて使っているチェーンクリーナーだって、もともとはオートバイク用品から流用したものだ。

それが全てとは思っていないが。これらは和光ケミカルの自転車事業部が出来る前の、クルマ業界のバンセールスが千葉の小さなショップに薦めてくれた”とある人”が始まりだったんだ。

今はもうその人は和光ケミカルにはいないが、今でも名刺は柴田室長よりも前に置いてある。もし私がフリーダムの名声を上げられれば、きっと自転車界の恩人のひとりにしてあげられるはずだ。

 

f:id:freedomtencho:20181224232638j:plain

講習会は全部で3回やってもらった。

1回目は和光ケミカルが全国のイベントでやっているような、”いつもの” やつ。2回目は一般の家庭でやるような環境をイメージして、スタンド無しでやってもらった。

無茶なお願いだったが、スタンド無しで洗車をすることがどれほど大変なことかイメージしてほしかった。

 

一般ユーザーたちの、洗車における最大の壁は、メンテナンススタンドを持っていないことだと思う。

メンテナンススタンドは、だいたい2~4万円する。その費用をメンテナンススタンドに、ただ洗車するためだけに捻出するのは、懐事情的にはばかられてしまうのは理解できる。お店からしても、10万も20万もするスポーツサイクルを買ってもらった直後に、メンテナンススタンド代としてさらに3万円捻出してくださいとは言いにくいのだ。

 

しかし、メンテナンススタンドを使わないで洗車しようとすると、洗車の難易度が桁違いに難しくなってしまう。

一般ユーザーたちは、洗車スキルが低いころからメンテナンススタンド無しでや洗車をやらなければいけない。さらに加えると、基本となる水を使った洗車が出来ないにもかかわらず、応用編である水を使わない洗車ができるようにならなければいけない環境にある。

本来ならメンテナンススタンドを使って、たっぷりの水を使って、溶剤になんの制約も無い状態で、洗車の基本をしっかり学ぶべきだろう。そのうえで自身の環境に合わせて、メンテナンススタンドを使わなかったり、水を使わないことで使うケミカルが制約されたりしながら、水を使わない方法を覚えるのが筋だ。

洗車とは楽で早くて簡単でなければ続かない。だからこそメンテナンススタンドが継続的な洗車のキーポイントになっていることに気づかないといけない。


f:id:freedomtencho:20181224232722j:plain

もうひとつ覚えておいてほしいのが、洗車の完成度。

たとえば汚い状態から適当な溶剤を使ってウェスで拭くだけの洗車が0点、フリーダムで行っている水を使った「雑な洗車」が100点としたら、各種イベントで和光ケミカルが講習してくれた「丁寧な洗車」は50点から60点程度でしかないという事だ。

そしてこの講習を通じて感じてほしい事の最たるは、いつも店の軒先でやっている水をつかった洗車がいかに速くて楽で綺麗だったのかという事だ。

 

もてぎエンデューロなどで何千台もの自転車が集まった時、水洗車をしてないであろう99.9%のバイクがどれほど汚いことか。

それは99.9%、水洗車環境を提供できない店が悪い。そしてケミカル知識を得る機会を作らない資格組織が悪い。

残りの0.1%は、やらないで開き直っているユーザーが悪い。

  

f:id:freedomtencho:20181224232819j:plain

水を使わない代わりにウェスで拭く。

毎週月曜日に洗車をしに来るフリーダムの常連さんのバイクを水を使わずに洗車した時、新品のウェスがこれだけ汚れた。

水が使えない代わりにウェスを使う。水を使わないことで使用できるケミカルにも制約が生まれる。

水を使わない代わりに金と時間を使うのだ。

道具にもケミカルにも多大なコストをかけて出来上がる水無し洗車の完成度は、水を使った場合のせいぜい50%程度でしかない。

他店批判とも取れる言い方となってしまって申し訳ないが、最終的な納品段階で水を使わないで仕上げたバイクは、 フリーダム基準では不合格となる。

それほどにまで、水を使わない洗車が仕上げ全体のハンデとなってしまうレベルの話であることを認識しておいて欲しい。

 

来春。

私が中国から帰ってきたら、今度は水を使った洗車の講習会をしようと思う。

和光ケミカルに講習してもらうか、私が講習するかは決めていないが、世の中のバイクを綺麗にする和光ケミカルの「草の根運動」に私もも協力したい。

なぜならフリーダムは100点の洗車を提供することが出来る、その他0.1%の店だからだ。

 

 

 

12月20日(木)、雑談。

今日はライドは3時間だけ。8時に走り始めて12時前には帰宅。そしてすぐに店で整備が開始。

12月下旬になって自転車組んでくれって依頼が4件+α相次いでしまって、自転車に乗っている暇が一気に無くなってしまった。

なかなか乗り込み切れないのが現状だが、整備の依頼は断れない。

 

自転車を組む時間は基本的に1台あたり2時間を見ている。

この時、1日に整備量が1~2台までなら180km走った後に夜に整備する余力があるが、作業量が2台分以上となると練習を100km程度に留めないと体力が持たない。

また、自転車を預かって組んだら、さらに渡す時間も未来で確保する必要がある。それはスケジュールのマージン管理をシビアにする。

 

明日も、練習と整備と納車の3つをこなす時間と体力は無さそうに思える。明日180km走るなら今日は徹夜クラスの作業量になるが、私はそこまで若くない。

来週はまた寒波が来ているので今週は最大限に走っておきたいところなのだが...なかなかうまくはいかないな。

 

f:id:freedomtencho:20181220223459j:plain

郵便ポスト作った。

ベンチに括りつけてるので、ベンチごと請求書も盗まれちゃうかもしれないけど。



明日走るの諦めた。

朝から整備して、夜に時間あまったらローラーしよう。

 

12月19日(水)、雑談。

今日は寝坊して8時から走り始めた。

8時スタートだと、7時スタートに比べてヒートテックが1枚少なくて済むので、お昼にかけてかなり動きやすい。

 

直近の7日間で650kmほど走った。

中国では10週間で8,000kmをイメージしている。耐えきれればかなり強くなれるだろう。いまはトレーニングのためのトレーニングだと思っている。

中国に行くまでの3週間で2,000kmを走りこみたい。

 

私は、養老渓谷を走る5時間コースと、6時間コース、それから勝浦や館山の海沿い平坦部を回る7時間コースと9時間コースを主軸にしている。

「今日は〇時間走る時間があるから、このコースに行こう」って感じでオートマティックに決めていて、「昨日は平坦コースを走ったから今日は山岳コースにしよう」とは決めていない。

走るコースは時間が決めてる。

f:id:freedomtencho:20181219152636j:plain

帰ってきてから洗車。

これは単に必要性があるのとともに、中国ではそういう生活になるだろうから。

200km走った後にチームメイトの洗車をする。

チームで200km走るのと単独で100km走るのはそれほど変わらないと思う。洗車10台の所要時間は1時間ほどだろうか。

6時間走ったあとに休まず洗車する、これを癖づけようと思う。

 

 

 

書いていた記事が消えてしまった。

PCから書いている時とケータイから書いている時がそれぞれあるから、PCで全文書いてアップした内容を、ケータイの下書き途中のものが上書きしてしまったんだろう。

PCにも残っていなかった。

そういう時もあるさ、 

 

 

 

 

ポケモンGO・クレセリアと対人バトル、ふしぎなアメの使い方の変化。

クレセリアのレイドが終わった。

1か月間の成果としては、捕獲数29/30匹で捕獲率96%、最高個体がCP1627の【96%-15/15/13】だった。

平均取得ボール数は8.4個。交換やパイルの実を駆使しながら、最終的なクレセリアのアメは116個となった。

 

逃げられた1匹のことはよく覚えている。

それは25番目の個体で、12球連続の金ズリカーブエクセレントだった。パーフェクトプレイが続いていたのでアメの数よりも捕獲率を重視していて、20匹を過ぎた時点ですべて金ズリを使うように切り替えていたのだけど、”彼女”には12球もありながら逃げられてしまった。

ボール7球の時でも捕まったり、無駄に天候ブーストがかかってしまったりすることがままあったから、そういう意味では1匹取り逃すくらい仕方ないのだが、それでも悔しいことには変わりない。

f:id:freedomtencho:20181219152357j:plain

私のプレイスキル、プレイ環境、プレイスタイルでは、1か月間に取得できるアメの数はおよそ、

◆ゲットによるアメ:約100個

◆報酬によるふしぎなアメ:150個

程度である。無料パス30枚で倒せる数が約25匹。毎日のジムで稼ぐコイン平均30円によるプレミアムパスでの追加回数が0~10回/月。

ゲットによるアメ100個と、1か月間で溜まるふしぎなアメ150個を足すと、およそ1か月に1匹新しくなる伝説ポケモンを期間内に育てきることが出来ていた...はずだった。

 

しかしここにきて新たな悩みのタネが生まれた。そう、技の解放である。

伝説ポケモン達の技解放に必要なコストはアメ100個。つまり1匹の伝説ポケモンを育成しきるのに必要なアメの数は約350個となり、私のプレイスタイルではふしぎなアメは完全に赤字となる。

つまり、これからは育成する伝説or幻ポケモンを取捨選択しなければならなくなったのだ。

 

クレセリアにはアンダー2500クラスのハイパーリーグで活躍してもらおうと思う。

2500クラスならば育成に必要なコストは少なく、技解放に使うアメ100個は自力でまかなうことが出来る。

一方で、すでにレイド期間を過ぎてしまったカイオーガグラードンの技解放においては多大なふしぎなアメが必要となるため、しばらくはレイドで取得するふしぎなアメはそちらに回すことになるだろう。

 

 

対人機能が搭載されてから約1週間が経ったので、すこしレポートしてみたいと思う。

 

f:id:freedomtencho:20181219155812j:plain

まずは完全無制限のマスターリーグだけど、ここはフル強化された伝説ポケモン達の怪獣大戦争なので、あまり語ることがない。

強いのは、

ミュウツー:サイコカッター・シャドーボール・10万ボルト

カイオーガたきのぼり・ふぶき・かみなり

◆ルギア:じんつうりき・ゴッドバード

◆ホウオウ:はがねのつばさだいもんじソーラービーム

伝説のポケモンの中でも上記4匹は太刀打ち出来るポケモンがほとんどいないため、伝説のポケモンを強化しないスタイルの人からはほとんど指名がなかった。

 

 

f:id:freedomtencho:20181219155827j:plain

次にアンダー2500クラス。

ここはとにかくカメックスが強い。カメックスはフル強化しても2500を超えないため、PL40のカメックスハイドロカノンを連射されると、相性の良いポケモンを出してもかなり厳しい。

そして対カメックスにシールドを使い果たした丸裸の状態で、ドラゴンにげきりん連打されるとあっという間に壊滅する。

具体的には【カメックスラティオスラティアス】とかは完全に友達を失くすパーティーなのだけど、対策はしておかないといけない。

f:id:freedomtencho:20181219152430j:plain

となるとU2500クラスでは、対ドラゴン対策が必須のリーグだと言える。フェアリー・はがね、最低でも氷タイプが欲しい。

ということで個人的にはトゲキッスを用意してみた。第4世代を代表するポケモンであると同時に、チームメイトからのいただきものなので活用したかったし、カメックスを対策した草タイプに充てることも出来る。。

持ち技は、めざめるパワー(竜)・マジカルシャイン・つばめがえし

めざパドラゴンを引けたのはかなり運がよく、エアスラッシュとめざめるパワーでEPSも差が無かったのでめざパ(竜)の方を採用した。

f:id:freedomtencho:20181219152441j:plain

似たような理由で、パルシェンも解放してみた。パルシェンは好きなポケモンのひとつだから。

こおりのいぶき・ゆきなだれ・ドロポン。

草とドラゴンを想定しているわけだけど、これだとカメックスの方が使いやすくて物足りなさを感じてしまった。

 

f:id:freedomtencho:20181219162942j:plain

そしてクレセリアの後任で始まったヒードラン

カメックスをメタった草タイプとドラゴンをメタったフェアリーはがねタイプをまとめて相手出来る。とくにメタグロス空いてに一方的に勝てるのが強い。

無差別級ではルギアとセットになりやすいグラードンカイオーガに太刀打ちでないから採用が難しいが、ハイパーリーグではかなり感触が良かった。

この1ヶ月は全力だ!

 

 

f:id:freedomtencho:20181219155853j:plain 

アンダー1500は手持ちにほとんどいなかったことから、負けてばっかり。

早急に対策を取らねばならない。 

f:id:freedomtencho:20181219152416j:plain

ただ、このクラスはあまり勝ち負けにはこだわらず、好きなポケモンをたくさん使おうと思う。

とりあえずソルロックを強化解放した。

 

強いポケモン弱いポケモン、そんなのはひとそれぞれ。本当に強いトレーナーなら好きなポケモンで頑張るべき。

って偉い人が言ってた。

 

 

 

 

 

12月15日(土)、イナーメ忘年会。

今日は長野でイナーメのチーム会に参加してきた。

春、GW、お盆と、事あるごとに参加できなかったイナーメのチーム会だが、年末は参加できることに。

午前中に案件がひとつ入ってしまって昼の撮影会には間に合わなかったが、夜の宴会に顔を出すことはできた。

f:id:freedomtencho:20181215220309j:plain

岡とゲンタのニセコオキナワ祝勝会から始まって、監督の夢を聞いて終わる。

ただご飯を食べるためだけに、1時間も2時間も使うことができる。贅沢な時間だった。

 

フリーダムはショップだから、そこが抱えるチームとあっては、どうしてもビジネス色が感じられてしまうかもしれない。

でも私は、フリーダムが持つクラブチームは可能な限りビジネスと切り離したクラブチームにしていきたいのだ。

 

SNSや特定の個人で繋がっているチームではなく、ちゃんとした拠点を持ってコンタクトを構えているクラブチームは少ない。

裾野は広く、頂点は高く、門徒の広いただのクラブチーム。

そういったチームにフリーダムもなる。

イナーメのみんなと監督から学べることは多いだろう。