てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

7月6日(木)、雑談。

今日は奥さんと詩織がナントカでナントカで、朝練無し。

f:id:freedomtencho:20170707005025j:plain 

詩織のミニ人間っぷりがかわいい。奥さんはこの隙間で寝てるんだけど、詩織がコロコロ寄ってくると本当に狭いらしい。

家でNARUTO読んでたら12時過ぎてしまったので、いそいで生姜焼きを食べに行く。

ベッドの上で独りダメ人間を謳歌した。

 


整備。

17時を超えたあたりから「疲れた」しかしゃべらなくなる。

明日あまり整備をしたくないので、今日のうちに頑張れるだけ頑張ってしまいたいところ。

f:id:freedomtencho:20170707000625j:plain

リデアの18-18Tデカプーリー。セラミックスピードの13-19Tと並んで市場最大級のデカプーリー。メガプーリーと呼ぶことにしよう。

一般的に偶数のプーリーは片減りするからあまりよくないとされたものだけど、ビッグプーリーの常としてチェーンを引っ張る力が弱く変速に支障をきたすのだが、リデアは歯丈を伸ばして対処するような設計になっている。高すぎる歯丈による歯離れの悪さを逆用した、逆転の発想だね。

しかしあくまで応急処置的な対処だから、別にビッグプーリーだけど変速がいい...という話ではなさそうだ。どっちかっていうと悪い方なんじゃないかな?

プーリー自体はデカければデカイほど駆動効率が良いというデータがはっきりしているから、リデアは18-18Tの最大級プーリーで駆動効率も最大級な代わりに、変速性能は最大級の悪さを我慢しないといけない...ということだろうか。

 

バーナーは15-15T、セラミックスピードは17-17Tや13-19T、そしてリデアは18-18T。

13-15Tや11-15Tから始まったデカプーリーの歴史は、リアカセットが巨大化したことで第2期を迎えた。

毎度おなじみ”ドイツの第三者機関”による、どのメガプーリーがベストのデータはまだ出ていない。でもそう遠くないうちに論文が上がるだろうから、注意深くチェックしていかないとね。

 

 

20時半、整備終わり。今日は7時間みっちり整備した。

夜練。

洗濯が間に合わなくてジャージが無いので、VCダムのジャージで走る。

今年支給されたジャージだけど、宇都宮クリテ出ただけで脱退しちゃったから、まだタグが付いている。

そもそもワンピースでしか走ってないから、 昨年支給されたジャージにもタグが付いたままかもしれない。

f:id:freedomtencho:20170707000717j:plain

一日中整備で立ったり座ったりで足がパンパンすぎる。練習というよりむくみ解消のためのサイクリングに近い。

f:id:freedomtencho:20170707000908j:plain

VCダムのコスプレ。