てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

3月29日(木)、雑談。

ルリリが生まれた。

ルリリソーナノは第3世代の図鑑埋めの壁のひとつと言われていたけど、今回の卵キャンペーンでは、過去のレベルアップ時に配布された有料孵化装置を稼働させて、難関2匹を埋めることが出来た。

f:id:freedomtencho:20180329173815p:plain

ルリリかわいいね!

残る図鑑埋めは、ペリッパーユレイドルミロカロス・チリーン・コモルー&ボーマンダメタング&メタグロスの8種。

両手で数えられるところまで来ると、あと少し!って感じがしてくる。

あとは第2世代でカポエラーが残っている。ベビー勢は大変。 

f:id:freedomtencho:20180329173831p:plain

最近近場のイオンの中にコーヒーショップが出来たので、お昼ご飯を一人で食べるときはここで済ますことが多い。

今はとにかくヒンバスのアメ=木の実取得数が重要。

ジムポケへの餌やりで貰えるアメの確率は1.2%とのことだが、ヒンバスを1匹捉えるより、ジムで木の実を333個あげる方が確実で速いからだ。

 

昨日都内で過ごしたことで、現在はバックパックが木の実であふれかえってしまっている。

木の実の消化が進まない限りは地引網が進んでいかないが、現状はほしのすなよりヒンバスのアメの方が優先順位が高いため、きのみ3種>赤ボールである。

f:id:freedomtencho:20180329173852p:plain

レックウザの育成を3段階進めた。

ファミマのフル強化は残すところ5回。アメ換算で残り66個。手持ちに重複した31匹を飴2倍キャンペーンで返却し、ふしぎなアメを4個投入して完了だ。

カイオーガはフル強化まで3回、グラードンはあと2回。どれも博士の飴キャンペーン待ちでフル強化になる。

伝説のポケモン育成においてはふしぎなアメが必要不可欠であり、エクセルにフォーマットを作って一覧できるようにしてある。3匹合計で、ふしぎなアメが8個と砂が96,000あれば、いつ博士キャンペーンがあっても大丈夫。

これを最下限として立ち回ろう。

 

今手持ちには、グラードン×24匹、カイオーガ25匹、レックウザ32匹、ヒンバスが6匹いる。

バックパック上限は300、手持ち育成枠が62匹ということで、残りの238匹分が地引網の余白になるわけだが、この4種だけでバックを78枠圧迫しており、余白の3分の2がデッドスペースになってしまって地引網に支障をきたしている。

 

 

コスミックアルティメイトのベアリングをスチール→セラミックうち変え。

f:id:freedomtencho:20180329173909j:plain

アルティメイトに限らず、ほぼすべてのマビックホイールに必須事項と思う。

私もこないだイオとコメット買ったけど、純正で入ってきたベアリングは一切使わずに、すぐに打ち変えてしまった。

 

マビックは「ウチのは負荷がかかれば回るんです!」とか言っているけど、負荷が無い状態で回らないベアリングが、負荷がかかった状態で回るとは思えない。2015年秋までは日本製のベアリングが入っていたけれど、今は中国製のベアリングが入っている。これがまた随分耐久性の低い代物で、「みんなマビックのベアリングけなすけど、実はいいベアリングを入れてるんですよ!」というのも、今となっては肯定できなる話ではない。

 

現実的に、ボーラウルトラ50で40km/hで巡行している時にペダリングを止めると、メーター表記で0.3km/hずつ減速していく。

対して、ベアリングを交換しないままのコスミックアルティメイトは0.6km/hずつ減速していっちゃう。そしてそのベアリングをセラミックに交換するだけでそれが0.3km/hほどに抑えられるわけだから、交換しない理由がないんだ。

 

何十万もするホイール買っておきながらセラミック代金(12,000円前後)ケチるのもナンセンス。マビックはホイール自体の出来は素晴らしいので、パパッと変えてしまうのが吉。 

 

ちなみに私は、マビックのフリーボディー用のミネラルオイルはたっぷりいれる。マビックのマニュアルには5滴と書いてあるが、無視してドバッと入れちゃう。

ハブベアリングにおけるグリスなどは、付けすぎると副作用が出て回らなくなってしまうため、自転車安全整備士の試験項目のように「たっぷり入れて、ひり出たものを拭きとる」だと走らないんだけど、マビックのフリーボディーオイルは割と枯渇しやすいので、予防も含めてたっぷり入れてしまう。

それと精神的な理由だが、個人的にフリーボディーは静かな方が好き。バチバチバチバチッ!って爆音鳴らすホイールは、夜練で近所迷惑になりそうで個人的に好きじゃない。

 


整備おしまい。

足パンパン。肩こりマックス。目がしぱしぱ。

それでも整備が追いつかない。


体力を練習に避けない。


フリーダムのコンセプトとして、店長職と競技を両立させるという部分がある。

もし私が年齢を重ねて両立が出来なくなってきた場合は、フリーダムのコンセプトを変えるのではなく、それが出来る店長に交代するべきと考えている。

今は私が店長だから、交代させられるのは私である。



少し不思議に思われるかもしれないが、今は私のフリーダムとて、私に全権があるわけではない。

端的に言えば社長である私と、店長である私と、雑務職である私とに分けられてる。脳内で。


一番大事なのは、フリーダムの方針を決める私。

岩佐社長「岩佐店長、君、フリーダムの店長として役不足だから交代な!」

岩佐店長「岩佐総務部、ファックス壊れたので交換しておいて!

岩佐総務「岩佐店長、ファックス代を計上したいので、今月あと4万円分余計に稼いで下さい!」

みたいなやりとりがされている。脳内で。


私がフリーダムのコンセプトを守れなくなるほど衰えた時、コンセプトを変えるのではなく、それが出来る店長に交代するべきと考えているというのは本当で、いつそれが出来なくなるのかは私自身でもプレッシャーだ。