てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

ポケモンGO・ミュウ

ミュウをフル強化した。

f:id:freedomtencho:20180620184050j:plain

ニックネームは「Aカップ」

小さくてピンクで...幻と言えば...

 

ミュウを育てるには、ほしのすな27万、ふしぎなアメ240個を要し、技まで厳選しようと思ったら技マシンの消費も壮絶なものになる。

 

特にバトル向けではないミュウは育成する合理的な理由はない。

だからミュウの育成とは、どれもなかなか余らないものをつぎ込めるようになった証であり、ポケモンGOにおけるひとつの到達点と言える。

 私は1種1匹制限をしているからこそミュウにリソースを注ぐことが出来たことを、十分にわきまえている。

 

 

ミュウの育成においてひとつの考えどころとなるのが技選択。

私はミュウの技厳選に技マシンNを21個、技マシンSを28個使用して、いまなお続く技マシンS不足の元凶になった。

 

ポケモンGOにおいては種族値より技が重要となるため、まずは各タイプの技として最優秀な組み合わせを抜き出してみる。

何をもって最優秀となるかは、使うポケモン種族値と仮想敵の種族値から見た、私の独断と偏見である。

 

<ノーマル>

【はたく+のしかかり】

該当無し

(一言メモ)ノーマルタイプを攻撃側として運用することは難しい。

 

<ほのお>

【ほのおのうず+オーバーヒート】

リザードンキュウコン・ブースター・ファイヤー・エンテイバシャーモコータス

(一言メモ)渦オバヒファイヤー>牙オバヒエンテイ、オーバーヒート>ブラストバーン

 

<みず>

【みずでっぽう+アクアテール】

シャワーズハリーセンジーランス

(一言メモ)ドロポンは1ゲージ技にしては威力が低く、取り回しが悪い。

 

<でんき>

【でんきショック+ワイルドボルト

ライコウ 

(一言メモ)ミュウ独自の組み合わせとして、【チャージビーム+ワイルドボルト】はそれなりに戦えると思う。

 

<くさ>

【つるのむち+ハードプラント

フシギバナ

(一言メモ)該当ポケモンはいないが【つるのむち+リーフブレード】が最強だと思う。

 

<こおり>

こおりのいぶき+ゆきなだれ】

パルシェンルージュラオニゴーリ 

【こなゆき+ゆきなだれ】

イノムー

(一言メモ)該当ポケモンはいないが、【こなゆき+ふぶき】が最強だと思う。

 

<かくとう>

【カウンター+ばくれつパンチ

カイリキー・ハリテヤマキノガッサ

(一言メモ)力士なのにパンチとはこれいかに。

 

<どく>

【どくづき+ヘドロばくだん

スピアー

(一言メモ)対フェアリーにおいてダストシュートはたいていオーバーキルなので、是非ともベトベトンヘドロばくだんが欲しい。

 

<じめん>

【マッドショット+じしん】

サンドパンダグトリオゴローニャ・ヌオー・ラグラージグラードン

(一言メモ)グラードンとその他。

 

<ひこう>

【つばさでうつ+ゴッドバード

ヨルノズクオオスバメ 

(一言メモ)ヨルノズクはガチポケ。

 

エスパー>

【じんつうりき+みらいよち】

ルギア

(一言メモ)次点のねんりき+サイキネならば、結構な数が揃う。

 

<むし>

【むしくい・むしのさざめき

モルフォン 

(一言メモ)対ナッシーにおいては、ブースターよりモルフォン

 

<いわ>

【いわおとし+いわなだれ

オムスターウソッキーノズパス・ルナトーン・ソルロック 

(一言メモ)ルナトーンはガチポケ。

 

<ゴースト>

【シャドークロー・シャドーボール

ゲンガー・ジュペッタ 

(一言メモ)リーフブレードが最強の3ゲージ技ならば、シャドーボールは最強の2ゲージ技だと思う。

 

<ドラゴン>

【りゅうのいぶき+げきりん

カイリューキングドララティアス 

(一言メモ)ポケモンGOは今も昔もカイリューゲー。

 

<あく>

【ふいうち+イカサマ】

該当ポケモン無し 

(一言メモ)あくタイプは不遇の一言に尽きる。

 

<はがね>

はがねのつばさ+ヘビーボンバー】

該当ポケモン無し 

(一言メモ)はがねのつばさだけでもかなり優秀。

 

<フェアリー>

【nothing+マジカルシャイン

該当ポケモン無し  

(一言メモ)攻撃で使うならマジカルシャイン。防衛で使われるとじゃれつくが嫌。

 

 

こうして文字に起こして整理してみると、むし・どく・はがね・フェアリーの4タイプがかなり手薄と言えるのは、およそ感覚通りだ。

だからもしミュウを実戦運用するとなると、この4タイプのいずれかで代用するべきだと考えた。そうでなければ、タイプ一致で戦えるポケモンを差し置いてまで選ぶ必要がないからだ。

  

【どくづき】 【はがねのつばさ】【シャドークロー】の3つの技1はどれも優秀な技だ。仮に【ヘドロばくだん】【ヘビーボンバー】【シャドーボール】と組み合わせられるならば、なんでもよかった。

しかし、この3種を基軸として技1と技2のタイプを一致させられるのは【はがねのつばさ+ジャイロボール】か【はがねのつばさ+ラスターカノン】しかなかった。

消去法で選んだとき、はがね技が残った。

 

ミュウ自身はエスパータイプなので、基本的にはむし・ゴースト・あくとは戦わない。仮想敵はエスパーか格闘タイプであることを前提として、鋼技のミュウのターゲットはピクシー・プクリン、そしてサーナイトだ。

とくにサーナイトの【ねんりき】は強烈なので、効果今一つで受けつつ鋼技で抜群を取れるミュウは、サーナイトピンポイントの選択といえる。

f:id:freedomtencho:20180715054920j:plain

サーナイトとタイマンした場合、3分の1を残して勝つ。

まぁまぁであり、そこそこである。

 

エスパータイプが繰り出す高火力の【ねんりき】を効果今一つで受けつつ弱点を突く...ということを考えると、本来ならば【シャドークロー+シャドーボール】が使えれば話は簡単だった。なぜなら【ジャイロボール】と【ラスターカノン】より【シャドーボール】の方がはるかに優秀だからだ。

しかしそれは見事に外してきた。

はがねのつばさ+ジャイロボール】は【シャドーボール+シャドークロー】を覚えられないことによる代替であり、それによってエスパー全般からサーナイトピンポイントに運用が縮小された。