フリーダムてんちょの2日だけプー太郎ブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

10月6日(土)、雑談。

今期jbcfの最終戦

選手に選ばれなかったので出場はしないが、監督にお店の状況の報告と来年の話をしてきた。

f:id:freedomtencho:20181006153120j:plain

南魚沼といえばカメムシコシヒカリ

私は食へのこだわりがあまりなく、わりとなんでも美味しく食べられる。逆に味の違いがわからず米の旨い旨くないなんてわからないだろうと思っていた。

しかし旨いもんだね、魚沼産コシヒカリ

たんなる出店のたんなるおにぎりがメチャクチャ旨い。

毎年楽しみにしている。5kg4,000円とお高めのお値段だけど、臆することなく2万円!

コースは嫌いだがね!

 

プロツアーとエリートツアーの入れ替え戦の観戦。62名出走。フリーダムのお客さんからは4名が出走。

来年はフリーダムレーシングもここで走って欲しいと思いながら。

f:id:freedomtencho:20181006154117j:plain

南魚沼のレースコースとは、つまりダムの周回コース。

急峻な登りで一気にダムを駆け上がり、狭いワインディングを抜けて一列棒状で平坦を回る。

ポジションをあげるところが登りしかないため、登りで先頭に上がれないとワインディングとダウンヒルを集団後方でトロンボーン死する。

大嫌いだがね!

 

三国川ダム。サグリガワと読む。もちろん読めない。

サグニ川が訛ったんだろうとは予想がつくけれど。

f:id:freedomtencho:20181006153141j:plain

f:id:freedomtencho:20181006153249j:plain

地方のジムではポケモンが帰って来ない可能性があるので、主力メンバーは配置しない。引退した元キャプテンをダムのジムに置いてきた。


f:id:freedomtencho:20181006165020j:plain

魚沼名物カメムシ。安定の大量発生は水が綺麗な証拠である。ここのカメムシの一部が南魚沼ロードレースを通じて全国に飛散する。

観戦中、メガネに止まったり耳の中入って来たり。

鬱陶しいがね!


f:id:freedomtencho:20181006214903j:plain

f:id:freedomtencho:20181006180613j:plain

訳ありメンバーはみんな宇田川さんのファン。

エカーズは日本代表。小野寺レイも日本代表。徳田鍛造はインカレチャンプ。宇田さんはパパ代表。おかえりなさい!

f:id:freedomtencho:20181006180721j:plain

エリート唯一完走の雑賀さん。来年イエロー獲って欲しい。


f:id:freedomtencho:20181006181321j:plain

イナーメのメンバーと交換。

海外出張産プテラと南魚沼産タマゴでセレビィタスクが進む。

f:id:freedomtencho:20181006181704j:plain

プテラ光った。いやっほぅ!