元てんちょブログ。

サイクルフリーダム店長の裏ブログ。

ポケモンGO・PvP実装、初日考察。

今日は午前中に銀行、午後から税理士さんと会って、バイク納車1件処理してそれで1日が終わっちゃった感じ。

この1週間は1日に2〜3個の別件が複数入っていることが多く、しかし1つの案件に何時間も必要なわけじゃないから、ちょこちょこ空いた時間を待ちぼうけてしまうことが多い。

夜は夜でやることあるんだけど、山場は越えた感じ。

 

 

忙中閑あり。

PvPと、それに伴う2つ目のスペシャル技の解放が実装された。

個人的には、配信2年間の中で最も重要なアップデートだと思う。

ポケモンは基本的にはじゃんけんの延長線上であり、しかしグーチョキパーの3種類しかないジャンケンと違って17種類の相性がある。さらに一度に2種類のタイプを出す複合型ジャンケンであるところが、ポケモンの最たる発明なのだと思う。

ポケモンGOにおいては、技が1個しかない状態から起きていた複合型ジャンケンの欠如という部分が、これにてほぼ解決された。

f:id:freedomtencho:20181213181828j:plain

水は草に弱い。草は氷に弱い。では水タイプが氷技を使ったら?

グーチョキパーが17種類あって、右手と左手でバラバラにジャンケンしてる感じ。

 

とはいえ2つ目の技の解放はとんでもなく高コストで、あっという間に砂が枯渇してしまった。

私が最初に解放に選んだポケモンは、

フシギバナ:草+草草

カメックス:水+水氷

ミュウツー:念+霊闘

バクフーン:炎+炎炎

ランターン:電+電水

ハガネール:鋼+鋼地

バンギラス:岩+岩悪

バシャーモ:闘+闘炎

ラグラージ:水+水地

サーナイト:念+霊フェアリー

メタグロス:鋼+鋼念

ドダイトス:草+草岩

の12匹。とてもじゃないが手持ち90匹すべてを技解放するリソースは無いので、対人戦と対ジム戦のどちらかで有効そうだと思えたもののみ。

残る手持ちの中でどうしても欲しいと思うのは、かみなりふぶきカイオーガだけ。あとはもともと趣味枠で育てた子が多いから、追い追い手間をかけてあげよう。

 

上記12匹の中で対戦で有用だったのはランターンハガネールラグラージドダイトスの4匹。この4匹は自身の所属タイプと持ち技の相性補完性が素晴らしく、汎用性が非常に高かった。

通常ジムバトルで有用だったのはミュウツーメタグロス。特にシャドボきあいだまミュウツーの汎用性はあまりに高すぎる。

f:id:freedomtencho:20181213181923j:plainf:id:freedomtencho:20181213181934j:plain

ジム防衛筆頭のハピナスメタグロス、伝説ポケモンに多いエスパーの、どちらにも最適解となるシャドボきあいだまミュウツー

伝説の中では雷氷カイオーガと並んで最優先だと思うし、マイルールで使用制限しようかと思うほどのバランスブレイカー。まさにゲームボーイ赤緑時代のミュウツーの威厳があるな。

  

f:id:freedomtencho:20181213181910j:plain

対戦してみてわかったのは、

相手の技を等倍で受けて抜群で攻撃するよりも、相手の技を今ひとつで受けて等倍で攻撃した方がいいということ。

ハピナスはあまり苦にならず、EPSの高い技1で技2を連打した方が有効だという推察も間違いなかった。相手のポケモンのタイプと持ち技に合わせて素早く有効打のないポケモンを選ぶ反射神経と、自信の苦手タイプに相反する有効打を持っていること。

例えば氷が大の苦手で、逆に氷しか苦手じゃないドダイトスが、氷に対して有効なストーンエッジを持っていて、かつ電気に3重耐性があるところなどは、とても使いやすい。

  

f:id:freedomtencho:20181213185114j:plain

個人的な1500リーグは、選べる手持ちが居なさすぎてアレ。8匹しかいない...

フレンドと戦うならマスターリーグで、伝説無しのローカルルールでやるのが一番楽しそうだ。