元てんちょブログ。

サイクルフリーダム店長の裏ブログ。

8月30日(金)、雑談。

いつも6時からローラーに乗り始めて、8時くらいに終わる。

そして9時頃に決まってうどんを茹でてるのだけど、水道水がだんだん冷たくなってきて季節の移り変わりを感じる。



今日はお客さんの整備。

私が行ったり、逆に来てもらったり。

f:id:freedomtencho:20190830195910j:plain

チューブラー貼る時のリムの当て木がない時は割り箸で代用してる。

出先で入手しやすいし、コストはほぼゼロ。

出先で張り替えなくちゃいけなくなったら、どうにか頑張ってコンビニまでたどり着いて、お箸を貰うと良い。



出先でのブリーディング作業も現代ロードバイクの鬼門のひとつ。

たとえばオイルホースの中に気泡が入ってしまう事を「エアーを噛む」というんだけど、その気泡を取り除く作業が甘いとブレーキ不全になる。

ただ完全にホースのエアーを抜き切ることはなかなか大変で、いろんなところで不具合の報告を聞く。

私自身はディスクに否定的なところもあってフリーダム全体でディスクが流行っていないけど、たとえば茂木エンデューロにはブリーディングキットを持って行ったりもした。

出先でブリーディング出来るメカニックはほとんどいないから、屋外整備になれたプロチームのメカニックなどでない限り、たとえば現地のボランティアメカニックでは難しいこともある。

基本的なキットさえあれば作業してあげられるから、フリーダムのお客さんでなくとも現地で困ってる人がいれば私に声をかけてくれて良い。


出先で満足な工具や整備環境がない状況でブリーディングしなおさなくちゃいけない場合は、おちょこをレバーにつけたまま走っちゃうのが良い。

それだけ聞くと、???って感じだと思うけど…。


油圧ブレーキのシステム自体はクルマのそれと同じだけど、決定的に違うのはオイルのタンクが密閉されてしまっている事。

クルマのリザーバータンクは上部が解放されてるから、仮にエアーの噛み込みが隠れてて、それが走行中の振動で気泡が上がってきても、タンクの中で気泡とオイルが勝手に入れ替わってホースをオイルで満たしてくれる。

でも自転車の油圧ブレーキのリザーバータンクは密閉型なので、もしエアーの噛み込みがおきてしまうと、それはずっと解消されないまま残ってしまう。


お店で再ブリーディングを依頼される時は、この僅かな気泡を取り除く作業がほとんど。

ものすごく小さな気泡はホース内に留まったままなかなか上がってこないけど、振動を与え続けることで次第にレバーの方に上がってくる。

だから気泡を取り除くには実走行してしまうのが手っ取り早いのだ。


つまり整備用のタンクをつけたまま走っちゃえというのは、密閉型のリザーバータンクを擬似的に解放型にしちゃおうってことであり、クルマと同じシステムにしてあげることでオートマティックにエアーを取り除くことが出来る。

そのまま走れば当然オイルが溢れてしまうけど、それはサランラップなどでフタをしてあげればいい。


こんな風に書くと「また乱暴な整備やりやがって…」と思われるかもしれない。

でも…

たとえばメーカーの組立説明書に書いてあることがちゃんと実現出来るような工具や大型整備台などの環境があれば、ぶっちゃけそれなら誰でも100点の整備が出来るんだ、だってプロだもん。

でも限られた状況の中で最低限の応急処置をするとなった場合、80点まで回復させてあげられるのか30点までしか出来ないのか、そこはメカニック達の中でも別れてくると思う。

そして満足な整備環境が得られない中でどんな整備が効果的かを考えることは、必ず役に立つものだと思う。

それこそがレースやイベント会場など、ショップの整備環境を離れた中でフォロー出来る内容が増えることに繋がり、きっとお客さん達の安心感に変わっていく。


今の自分の立場では、どんな状況であれ手を貸した時点で責任が生まれてしまう。それでもお節介しようというのだから、それ相応の力が必要だ。

「店長を呼べばきっとなんとかしてくれる」

そう思ってもらえる事こそ、話の根源になるのだと思う。



f:id:freedomtencho:20190830195935j:plain

コリマの新型バトンがかっこよすぎる。

誰か買って!



f:id:freedomtencho:20190830203402j:plain

スペシャルタスクなどに散見される「X回強化する」系の課題は、毎回レジスチルに担ってもらってる。

育成対象がいない時にこのタスクがあるとすごく困る。

それこそ1粒でも無駄にしたくないものだし、レジスチルが活躍できるのはここしかないから…。



レックウザは59回やって色違いはゼロ。

今日に至っては、レイド開始と同時にエラーで弾き出されて戦う事すら出来ず。第2陣が成立する地域ではないから悲しみとともに逃げ帰ってきた。

おそらく明日は出来ないから、結局会えずじまいで打ち止めだろう。

f:id:freedomtencho:20190830224925j:plain

そもそも色違い伝説においては、ルギア/ホウオウ/サンダー/ファイヤー/フリーザー/エンテイ/ライコウ/スイクン/カイオーガ/グラードンと相応の回数を戦ってきて、金グラードン1匹のみ。

そして今回のレックウザとも縁無し。

そんなもんかねぇ?


f:id:freedomtencho:20190830223316j:plain

ポケモンキャンペーンで大量発生になっているポケモンのうち、色違いが実装されてるポケモンの半分くらいは図鑑が埋まってる。

でも…もっとも欲しいホエルコは未入手。

ホエルコは登場してからかなり早い段階で色違いが実装されてたわけだけど、通算1,153匹で色違い無し。

そんなもんかねぇ…。