10月23日(水)、雑談。

朝の目覚ましがわりに国税局から電話かかってきて心臓が飛び出るかと思った。

今日の1件目の予定は11時からで、少しゆっくり出来るので布団の中でウダウダしてたのに、朝イチで「こちら東京国税局ですけれども…」とか電話きて飛び起きた。

その後はお目目パッチリで二度寝どころではなかった。



今日は予定が5件あった。

銀行にお金を借りる、土地を買う、建物を買う、法務局や司法書士とやりとりをする、

全部いっぺんにドンッ!ってやれば1〜2日で出来そうな作業量なのに、チマチマチマチマと小分けになる。

個人として家を買う時は、工務店や不動産が代理で動いてくれるのかもしれないけど、手数料ケチって自分で動くとなると累積した移動時間は膨大だ。

自社テナント作るのマジ大変だよ〜って同業者に言われてたけど、今まさに実感してる最中。

でもフリーダムには良い経験させてもらってる。仮にどんな修羅場であっても経験しておくに越したことはないし、何より作るという事がポジティブだから耐えられる。




ディスクブレーキの件。

もうひとつ訂正というか書き換えというか、言い換えをしておこうと思う。


【訂正前】ディスクブレーキはいきなり壊れてしまう…

【訂正後】本来ならなんらかの予兆がある(あった)のかもしれないが、選手やユーザーにメカニカルに対して十分な知識が無いことが多く、トラブルが起こる予兆を感じないまま本懐してしまう事が多い。

ユーザー達はいきなり壊れたように感じてるし、メカニック側としては原因の究明が極めて困難だ…


行間を解説するとクドイし、主張の強さの問題だと捉えているけれど、少々誇張表現が過ぎたかもしれないので訂正して書換えする。

書き換えするくらいなら最初から熟慮しなければならないし、文章が稚拙で申し訳ない。



私たちメカニックにとって、ユーザーから言われてもっとも困る言葉のひとつが、「何もしてないのにいきなり壊れた」じゃないかなって思う。

そんなことないでしょ、きっとなんらかの予兆や消耗があったはずでしょ、それに気づかなかっただけなんじゃない?って思う。

お客さんだから言いにくい立場かもしれないが、「んなこたぁ、ねぇ!」って心の中で思う。

思わない優しいメカニックもいるかもしれないが、少なくとも私はそう思う(ブログで書いちゃう)。


反省も兼ねて、このブログではしばらく自転車の話題を控えるつもりだが、ひとつだけ、主に同業者やメディアの人達に向けて書きたかった文章がある。


105やティアグラまでもが油圧システムのディスクブレーキになり、これから先は、初めてスポーツサイクルを買う人にも本格的にディスクロードを売らなければいけなくなってきた。

車輪もまともに外せない、ボルトも正しく回せない、点検ひとつまともにしない人達に、油圧ディスクブレーキのロードを渡さなきゃいけない時代がくる。

私はそれが怖い。


これは気構えの問題だ。

別に他店の整備がちゃんとしてないとは思ってない。自分の整備が優れてると過信してるわけでもない。

フリーダムで納品したバイクがトラブル起こしたわけでもないし、フリーダムは他店持ち込みが多いからかもしれない。

でもどんな側面があるにせよ、正直に言って、私はそれが怖い。




移転に伴う休業にかかわらず、水曜日は基本的に定休日。

そして水曜日の夜18〜19時は伝説ポケモンのレイドアワー。

だけど実は私はまともにレイドアワーに参加できた事がない。

残念ながら今日も…。

f:id:freedomtencho:20191024002901j:plain

でも忙中閑あり、今日は単発で良いのが獲れた。

98%個体値は5月のユクシー以来、約半年ぶり。いつも通りに7球しかなかったので、ゲッチャレ中は心拍がとても高かった。

19時からフリーダム建築部(ポケモントレーナー)と打ち合わせがあったので、思いっきり自慢した!