とある自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

【限界突破】ポケモンレベル50を目指すにあたって。

トレーナーレベルが上がっただけで嬉しいことはあまり無い。

大事なことはポケモンのレベルが上がることだ。


莫大なコストをかけてフル強化したPL40を、さらに莫大なコストをかけてPL50とする。

これを便宜上「限界突破」と名付けようと思う。

限界突破は全20回ある。

手持ちにいるポケモンのうちの何匹かを2〜8回、可能な限り限界突破させてみた。

f:id:freedomtencho:20201201233844j:plain


手持ちのアメ100個を大きなアメ1個に変換し、その大きなアメを296個使って強化する。

つまり手持ちのアメが29,600個あれば限界突破させきることになる。


捕獲数18万の私をもってアメ3万個を超えているのはポッポとコラッタのみ。そして前回の日記で、「私の進捗は頂点の3分の1くらい」と言った。

私の手持ちのポケモンの中でアメ1万個に近いのは、他にイーブイカモネギマダツボミ、ホーホーくらいのものであり、つまり相当にやり込んでる人でさえも、現時点でPL50に出来るのは限られた数種類である可能性が高いのだ。

f:id:freedomtencho:20201201234855j:plain

1匹の限界突破にアメ3万個必要だとして、進化先の分かれるポケモンなどは、その種類分を重ねて必要になる。

つまりイーブイ7種の育成コストは21万個にもなり、おそらくどれほどやり込んでいても無理だろう。

仮にCP2400のブラッキーがハイパーリーグに出てきたら心臓が飛び出てしまうが、そういうことには滅多に出くわさないと思われる。



今日は470匹ゲットした。

f:id:freedomtencho:20201201235631j:plain

なんてことない、ゴプラをポケットに入れて自転車で走り回ってただけで、特になんの苦労もしてない。


そしておおよそのシステムを理解した後に、いくつかのポケモンを許す限り強化してみた。

f:id:freedomtencho:20201201235544j:plain

今日ほど「1種1匹制限」をしていたのを良しとした日はない。限界突破できる数は限られているからだ。

限界突破に必要なコストは、

①砂60万

②アメ3万。

①に対して②のコストが比較にならないほど多すぎて、1匹でもPL50にできる人にとっては、おそらく砂60万に困るようなトレーナーはいないだろう。

私とて育成対象を見つけるよりも砂が集まるスピードの方が早いので、たとえ一時的に砂が枯渇したとしても特に焦る必要はない。

 

 

捕獲時に大きなアメを持っている確率は30%だということがわかった。

470匹も獲ればサンプル数としては十分だろう。

f:id:freedomtencho:20201202000055j:plain

思ったよりも野生から集まりやすい印象であり、長い目で見れば捕獲に専念しているだけで十分な数が得られるはずだ。

とはいえそれはコミュニティデイ級の大量発生が1回や2回対象になったところで賄える数ではなく、1年や2年といった長いスパンでのこと。

また、今持っている数千のアメなどは、これから捕獲時に得られるであろう大アメからすれば完全に誤差範囲であり、限界突破させる対象が決まっていれば全て注ぎ込んでしまって構わない。


f:id:freedomtencho:20201202000655j:plain

限界突破させる対象は、各種なアメの中から1匹ずつであることが大前提だ。

また、通常沸きでレア枠のポケモンと伝説のポケモンは、現時点でのPL50は不可能だ。

となると何かしらのイベントが用意されるはずなので、それを待つしか無い。


私は、

フシギダネリザードンドンファンブラッキー、黒レックウザネギガナイト

を意識的に限界突破させようと思っている。

しかしゴマゾウ級のレアポケモンと伝説のポケモンに関しては、現時点では不可能だと思わざるを得ない。