てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

ポケモンGO・TL34→TL35、全体強化

トレーナーレベルUP時の一斉強化は、目標の24万砂に届かず14/16匹に留まった。

 

 

※※※※※※※※

 

キャプテン

f:id:freedomtencho:20170402215029p:plain 

CP2386→2422 (18×2)

キャプテンとは、常に鍛えられていなくてはならない存在。

 

リザードン

f:id:freedomtencho:20170402215046p:plain 

CP2513→2552 (19+20)

手持ち唯一の100%個体。技マシン求ム。1回の強化で20アップは優秀。

裏ボスは強化できたがボスは強化してもらえてない、TL35にて。

 

バクフーン

f:id:freedomtencho:20170402215114p:plain 

CP2390→2427 (19+18)

TL34にて新入り。リザードンとブースターを押しのけて炎ポケモンのトップに。

余談だが、赤緑における最初のポケモンフシギダネだったが、金銀における最初のポケモンヒノアラシだった。おなか触ったら気持ちよさそう。

 

シャワーズ

f:id:freedomtencho:20170402215213p:plain 

CP2901→2945 (22×2)

f:id:freedomtencho:20170402215232p:plain 

CP2899→2944 (22+23)

基本的にポケモンは1種類につき1匹までと決めているが、ブクブクとビショビショは双子だから仕方ない。

 

サンダース

f:id:freedomtencho:20170402215302p:plain 

CP2498→2536 (19×2)

CP2500台突破。ジムに大量発生するギャラドスをいつも独りで相手してるビリビリ。実は入れ替わりの先代がもっとも多く、バリバリやゴロゴロという兄弟らが沢山いたが、みんな飴になってしまって遺された悲哀の子。

一種一匹乃大号令による「電気村の悲劇」事件の唯一の生き残り。

 

ブースター

f:id:freedomtencho:20170402215432p:plain 

CP2616→2656 (20×2)

かわゆす。

 

エーフィ

f:id:freedomtencho:20170402215454p:plain 

CP2767→2809 (21×2)

バクフーンハガネールと合わせて、TL34新入り3人衆のひとり。あまりジムで使われる子ではないが、他のブイズが強化されていく中でパヤパヤが強化してもらえないのはかわいそう。

 

パルシェン

f:id:freedomtencho:20170402215536p:plain 

CP2270→2305 (18+17)

強い子。一人っ子。

 

ギャラドス

f:id:freedomtencho:20170402215559p:plain 

CP2948→2993 (22+23)

チュートリアルでもらったフシギダネを除くとパーティ最古参のぷんぷん。8月7日生まれ。

ポケモン達が育ち始めた結果あまりジムで活躍することは無くなってしまったご老体だが、最近できた赤い孫と一緒に再びジムで戦う活躍する日が訪れそうだ。

 

ラプラス

f:id:freedomtencho:20170402215647p:plain 

CP2422→2459 (19+18)

運営の陰謀にハマってCPが引き下げられてしまったものの、いまだに氷ポケモン最強は揺るがない。

なみへい(♀)

 

カビゴン

f:id:freedomtencho:20170402215754p:plain 

CP3119→3167 (24×2)

ギャラドスが沢山いすぎてビリビリだけでは突破できない時だけやってくるビリビリの飼い主(設定)。

 

カイリュー

f:id:freedomtencho:20170402215816p:plain 

CP3317→3367 (25×2)

 f:id:freedomtencho:20170402215849p:plain

CP3193→3242 (25+24)

基本的にポケモンは1種類につき1匹までと決めているが、廃人と腐女子も兄弟だから仕方ない。腐女子はパーティ唯一の野生産。

 

  

※※※※※※※※

 

TL34→35は51日間。当初の予定より3週間ほどはやいのは、暖かくなって地引網が捗ったことのほかに、金銀実走における図鑑埋め経験値が大きかったように思う。

 

TL34の時に飴不足で強化しきれなかったカイリューは、TL34分を補填してかつTL35の強化が間に合った。TL33では20個程度しか採れなかったミニリュウの飴は、TL34で70個近く捕れた計算になる。身のほどをわきまえずに2匹育てているからかもしれないが、これでようやくカイリューが安定したかな?

 

TL34で新たにパーティに加わったのは、バクフーン、エーフィ、ハガネールの3匹と、イノムーが半分くらい。TL35で強化が間に合わなかったのがベトベトンハガネールの2匹。

 

ラプラス-パルシェン-イノムーカイリューを相手し、その他はスペシャリストとして各々に対応する。カイリューカビゴンは6枠に応じた万能選手。

TL35で育成するのはイノムーと赤ギャラドスを優先に、リザードン(ボス)とオーダイルの4匹までが目標。さらに砂が余るようならランターンを。