自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

ポケモンGO・トルネロスとマスターリーグ。

トルネロスレイドが終了。

f:id:freedomtencho:20200227013310j:plain

捕獲率は15/17匹で88%。

序盤に2匹立て続けて逃した時は苦手意識が出たけれど、時間が経つにつれて確率は収束。

ときおりパイルの実でゲットしていて、固有のアメは72個。

無料パスレイドのみでアメ2倍ボーナスも無かったため、3週間でアメ72個は十分に及第点。

個体値93%も確率通りといったところで、可もなく不可もなく語ることの少ないポケモンだった。


トルネロスの後はミュウツーを挟んでボルトロスランドロスになるのか。

風神と雷神、それから地面タイプのオジさん計3名。

それぞれのタイプの中では優秀なので、いずれ育てなければいけない日が来るはず。

それまでにニックネームを考えておかねば。



オンラインpvpではマスターリーグが始まった。

現在のレートは3442、15戦9勝6敗(0.600)

強敵と書いてフレンドとの試し撃ちを経て、やはり初手ジャンケンは覆せないし覆えさせない。

勝率と使用率はほぼ完全にリンクしてるのだろうから、もう少し運要素が減るシステムになると嬉しい。



f:id:freedomtencho:20200227013334j:plain

第1世代の伝説ポケモン

交換用以外はすべてフル強化が終わっており、ファイヤー以外は解放済み。

ファイヤーはゴッドバードを覚えていない"初期ロット"なので、秘伝マシン待ち。

サンダーが手持ちの中で通常バトル数が最大で約37,000勝。心のバディ。



f:id:freedomtencho:20200227013941j:plain

第2世代の準伝説3匹は育成が遅れて主にハイパーリーグ用に。

6匹の中ではホウオウ2匹の解放が終わってないが、かえんほうしゃを覚えるだけでマスターリーグのトップメタになれる素質がある。

ホウオウはもっとも好きなポケモンのひとつなので、とにかくはやく救済されて欲しい。リザードンに負けていい立場ではないはずだ。



f:id:freedomtencho:20200227013400j:plain

第3世代、やはり名残りはクロレッツ。

無課金の自分としては持てるリソースのほぼすべてを費やした一世一代の大投資だったにもかかわらず1匹も出会うことが出来なくて、さらに度重なるフレンドとのキラ交換でも良個体が引けない。私の心もクロレッツ。

現在はレジスチルのハイパーリーグ昇格が最大の課題。



f:id:freedomtencho:20200227013424j:plain

ピクミンスーパーリーグで解放済み。マリルリときメモと一緒にアイドルグループを作成してる。

第4世代は戦闘民族であり、とにかくこの世代の育成がマスターリーグの鍵。 

CP自動調整が実装されればギラティナアナザーもマスターリーグへ即昇格させる。これもレジスチルと並んで最大級の課題であるが、伝説ポケモン2個体フル育成はコストが高くて非常に厳しい。



f:id:freedomtencho:20200227013435j:plain

そしてダメ民族、第5世代。

コバルオンに至ってはこの場にすらいないというアレ。

オジさん3名もフォルムチェンジしてからが本番ということで、アメ集め程度の心持ち。


 

f:id:freedomtencho:20200227021154j:plain

最近の活動は、ドサイドンのコミュニティデイ。

あとは立て続けに出てきたナゾノクサ100%の育成が2匹、それから対応に困るコロモリ100%。

全体的にオジさんが多い。


それから、砂集めのことを考えると所有枠300匹がかなり厳しくなってきた。

いよいよもってアップグレード購入を検討しないといけない。

f:id:freedomtencho:20200227021515j:plain

いやぁ、そうは言っても200円は高い。

運営が50枠プレゼントしてくれるだけで済む話だから、昔に習って我慢しておきたい。

んー…悩むぜ…。