とある自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

リーグ再参戦、75戦56勝19敗。

初日21勝4敗、2日目20勝5敗、3日目15勝10敗。

出遅れたこともあって勝率はまずまず。

だけど本日3日目はシールド残して負けた試合が4戦もあり、試合勘の鈍さが残る。

f:id:freedomtencho:20210620124502j:plain

前シーズンは出遅れすぎてマスターリーグからの参戦になった結果、ほとんどマッチングが成立しなかった。

今シーズンも仕事が落ち着いてるわけでは無いが、梅雨なので自転車乗らずにポケモンしてる。

 

f:id:freedomtencho:20210620124711j:plain

パーティは上記3名。

「いうて電気ポケモンすくないでしょ」っていう根拠のない理由でギャラドス先発。

ギャラドスと相性が良い地面ポケモンを。

マンムーはマスターリーグで、ガラルマッギョスーパーリーグで使っているため、消去法的にドリュウズを採用した。

 アローラベトベトンは初手不利対面時の後出し役割。ギャラドスvsフシギバナも不利なのでハードプラントをノンシールドで受ける役割もある。

 

感情的にはブラッキーを使いたいんだけど、フェアリーに対してシールドを削る役割が無いと、ドリュウズの働きが鈍る。

このパーティはドリュウズが2発以上技を撃てたら勝ち...1発しか打てなかったら負け...といった具合になりやすい。

となるとドリュウズをシールドで守りつつ、ギャラドスベトベトンでシールド剥がす立ち回りが出来るかどうかが勝敗の分かれ目。

そんなことを考えてるからシールド残して負けたりするんだぜ。 

f:id:freedomtencho:20210620124739j:plain

手持ちの中で、もっとも古株だったギャラドスと入れ替えた、新ぷんぷん丸。

ここで使ってやらねば浮かばれないだろうということで、ギャラドスを採用するためにうまれたパーティ。