自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

ポケモンGO・ヒードランフル強化、PvPエアームド参入とラティ復刻。

色違いストライクが採れた。そして思った。

「私はルナトーンが欲しかった」

カマキリをレタスに進化させて図鑑を埋めた後は博士にあげた。

 

 

ヒードランフル強化。

f:id:freedomtencho:20190409192554j:plain

個体値は【96%-15/14/14】

ヒードランレイド終了時点ではアメが十分に足りなかったので、いったんCP2456で止めてハイパーリーグで運用していたが、現時点ではリソース充分ということでフル強化に。

今回の強化で消費したリソースは、ふしぎなアメが153個、ほしのすなは208,000。

けして安くはないけど、余裕が無いわけでもない。

 

ふしぎなアメパルキアの育成でいったん枯渇したものの、ディアルガの育成ではほとんど使わずに済んだため、数は十分に確保できていた。

また、現在行われているギラティナ(攻)の育成においては、そもそも前回のギラティナ(守)のアメが79個残っている。捕獲サークルが巨大なためパイルゲットも安定し(捕獲率85%程度)、ふしぎなアメを使わずにフル強化できることが見込めたため、バックパックの容量確保も兼ねてヒードラン育成に踏み切った。

ヒードランレイドでは飴2倍キャンペーンがあったため、終了時点で約200個のアメが確保できていた。その後は技開放に100個消費し、ハイパーリーグ上限まで育てて、最終的に80個ほど余っていた。そして今回ふしぎなアメを150個足して230個消費してフル強化となった。このアメ150個はディアルガレイドの1か月分と、リサーチやバトルなどの各種報酬で蓄えた150個。

http://freedomtencho.hatenablog.com/entry/2019/01/15/184354 

↑↑前回ヒードラン記事

 

 

スーパーリーグには待ち望んでいたエアームドが入団。

個体値は【53%-00/11/13】

PvPが始まった当初から厳選は進めていたものの、巣に恵まれず、野良での遭遇もほとんど見込めないため、用意するのにかなり時間がかかった。 

f:id:freedomtencho:20190409192542j:plain

グリペンスウェーデンの戦闘機の愛称。「空飛ぶハガネ」ということで戦闘機から。

全体的な性能は決して高くないけど部分的な性能は世界最強、という部分がグリペンにもエアームドにも共通しているとイメージしたので、数ある戦闘機の中でスウェーデン軍からニックネームをもらった。

 

使われたらすごく強いのに、自分が使ってみると弱いってことがよくある。

これは単に使い慣れていないだけで、戦い続けていれば負けるパターンも勝てるパターンもどんどん蓄積していって、そのなかで負けパターンを回避する手段を確立できた時点で勝率は上がっていく。

そういった点では器用貧乏な万能兵器より、得手不得手がはっきりしている特化型の方が戦略も立てやすく熟練もはやい。

 

エアームドは10個の耐性と2個の弱点。そして2個しかない弱点である炎と電気は、ナマズンがきっちりと補完してくれる。

以前私がスーパーリーグにおいてドジョッチを導入すると書いたけど、鋭い人はドジョッチとくれば次はエアームドだ!と連想できたのではないかな?

 

 

そしてラティの復刻。

個人的には、長期間の重複した復刻はやめてほしい。新規の救済措置としてもせめて3日間とか。1週間はちょっと長い...。

f:id:freedomtencho:20190409203003j:plain 

無課金勢の皮算用として、毎月の消化レイド回数は日々の無料パス30枚と、月最大1550枚のジムコインによる約15回の追加レイド、計45回が理論上MAXとなる。

そして私は月平均32回くらいやってるから、1週間当たりに直すと平均8回になる。

個体値96%以上が出る確率は約30回に1回だから、月平均32回やれていれば、ほぼ安定して1匹は96以上が確保できるわけだし、実際にそうなっているのだけど...

 

新規現行レイドと復刻レイドが重複した時、その割合は1:4というデータが海外サイトで発表されている。

今までがそうだったのだから、当然ながらギラティナ(攻)とラティオスの割合だって1:4とみていいだろう。

f:id:freedomtencho:20190409203036j:plain 

過去の伝説ポケのひととおりが解放もフル強化も済んでいる身として仮に復刻ラティオスがまったく要らないのだとしたら、新規ギラティナ率20%というのは、卵の前で待機するにはかなり望みにくい確率だ。

私の生活エリア、生活パターンにおいては、ギラティナが出るまで粘るというのはちょっと難しい。

 

今後ずっと復刻重複システムが続くとしよう。

7日間で約8回あるレイドのうち6回は復刻レイドになってしまうことを覚悟しなければいけないが、今月の全32回あるうちからラティオス6回を引いてギラティナ回数が26回に減ってしまうと、それは安定して96%が獲れている状況が崩れてしまう。

新規救済として定期的な復刻レイドが重複するのは、新規救済として全くかまわない。しかしそれは3日間程度であってほしいのだ。

 

という事でこれを解決するためにプレパスの導入が避けられない。

確率が変わらない以上は分母を増やすしかない。ラティで失った6回をプレパスで補うしかない。

今出ているギラティナ(攻)は無料パスだけで十分まかなえると思っていたし、今後控えているユクシー/アグノム/エムリットまで含めてプレパスやコインなどの各種リソースを貯蓄する腹積もりであったが、どうやらそうはいかないようだ。

 

 

本日対戦成績15戦11勝4敗(0.733)連勝数7

○●●○○○○○○○●○○○●

S3-1 H6-2 M2-1

エアームドゴッドバードを覚えた。

ハイパーでは簡単なプレイミス。優勢な時は考えすぎずにシンプルに。