とある自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

ポケモンGO・いまさらメルメタル。

メルタン登場してから半年、ようやくメルメタルになった。

f:id:freedomtencho:20190602205244j:plain

リサーチ産のメルタンが個体値100%だった。

個体値100%が手持ちに加わるのは、エーフィ、リザードンフリーザー、レックウザソルロックムウマージに続き7体目。

98%は19匹だから、確率的にも正確かな、って。

 

 

私はニンテンドースイッチやレッツゴーピカチュウは持ってない。

ゲーム内課金はしないけど、こういうのは別に買ってもいいかなーって思ってたら、なんとレーシングチームのメンバーの1人が持ってた。

でもそれに気づいたのは、実装からけっこう後だった。

f:id:freedomtencho:20190604083249j:plain

f:id:freedomtencho:20190604083301j:plain 

f:id:freedomtencho:20190604083312j:plain 

f:id:freedomtencho:20190604083331j:plain

f:id:freedomtencho:20190604083402j:plain

彼の通学路は片道50km。

その合間にフリーダムがあるので、時間があるときた寄ってもらっていた。

あとはケータイ渡してふしぎな箱を補充しておいてもらって、時間があるときにちまちま開けてた。

f:id:freedomtencho:20190604084404j:plain 

f:id:freedomtencho:20190604084415j:plain

メルタンは他の伝説に比べると、ゲーム外のコストはかかるものの、そこさえクリアしてしまえば育成という点では難易度が低い。

時間というのは社会人にとって一番確保が難しいリソースだから、期間限定ではないというだけで難易度なんて無いに等しい。

私自身もあまり急いでなくて、チームメイトに箱補充してもらってから1週間以上放置してたこともあったけど、急ぐ必要そのものがないというのは気楽で良かった。 

 

f:id:freedomtencho:20190602205304j:plain

メルタン/メルメタルってナットがモチーフだけど、ナットはそもそもボルトがないと成り立たないから、実は後からボルトポケモンが登場するんじゃないかな?って。

ボルトはボルトだけでも機能するけど、ナットはボルトがないとダメだし、いずれスペーサーとかゴムパッキンとかも登場するかも。

 

先にナットから出したのは、実は続きがあるよっていうメッセージかもね!