てんちょブログ。

サイクルフリーダムの裏ブログ。

10月11日(木)、雑談。

昨日は結局25時半に家に帰った。

何時に寝たかは覚えていないが、6時半に起きてまた整備に向かった。

昨日と今日で少し無理をしている自覚はあるが、昨日と今日だけなので大丈夫。

 

Sワークスのオーバーホール → コルナゴの仕上げ → 倉庫整理 → クランク持ってきてもらって組み付け → 実走 → 帰ってきて調整・仕上げ・洗車

までの流れ。

f:id:freedomtencho:20181011222046j:plain

加納さんは言ってた。

店として何より良いのは、この日までに仕上げてくれって言ったときに、それに間に合わせてくれる店。無理を言っているのはこちらもわかっているけど、結局は受け入れてくれる店に集まるんだ、と。

f:id:freedomtencho:20181011222200j:plain

よくわかるよ。

私自身でもそう思うし、私が客だったら同じこと言ってる。レーシングチームとかサイクリングチームとか関係ない。別に恩を売ってるわけでもない。たまたま自転車の場合はしてあげる側なだけ。

今回の案件は、火曜日に受け取って木曜日に渡す、実質水曜日しかないものだった。

夜中1時まで整備して翌朝7時からまた整備をするなんて嫌だけど、どうしてもこの日に乗りたいんだ!って言われたら、なんとかしてあげたいと思うもんね。

そのかわり仙台から来ようが名古屋から来ようが、遠いところからありがとうございますなんて私は言わない。

f:id:freedomtencho:20181011222107j:plain

過去10年分のカーボンフレームを総括した時に、メジャーなBB規格は12種類、それが4メーカー分で48種類。ヘッドベアリングは約9種類。そして突発的に壊れやすいフロント変速機とリア変速機が過去5年分。

これさえ在庫にあれば、たいていの飛び込み整備は受けきれる。100%依頼通りとはいかないまでも、なんとかそれで良しとなるくらいにはなる。

周辺ユーザーからの信頼は、コルナゴのフレーム1本買ってくるより安い金額で手に入る。

 

あとは経験。

自転車とどれだけと時間過ごしてきたか、それがすべて。

バイク3万台組んだら、あらゆる資格なんて要らないだろう。

 

21時半、バイク3台納車。

f:id:freedomtencho:20181011222215j:plain

こんなことしてやれるのもプー太郎のうちだぜ。