とある自転車屋さんのポケモンGOブログ。

自転車のことは書かない。

ポケモンGO、12月1日アップデートに関して現状を把握する。

ついにレベル上限の撤廃がなされた。

現状ではレベル40になるよりレベル50になる方がはるかに大変なので、これをもって「ポケモンGO第2章」としてよいのではないだろうか。

具体的には、レベル40になるまでに2千万の経験値が必要なのに対して、レベル50になるには8倍の約1億8千万が必要になる。

気が遠くなるから、気にして増やそうとしない方が良さそうだ。

f:id:freedomtencho:20201201221721j:plain

f:id:freedomtencho:20201201221732j:plain

おおよその現状把握として....捕獲数18万と経験値が1億。 

12月1日の活動が入ってしまっているが、そんなのは完全に誤差だ。

 

私のフレンドでもっとも活動が進んでる人の捕獲数は62万、経験値がもっとも高い人は3億EXPの人がいる。

それぞれ別々の人であり、 私より捕獲数が多い人は12名、経験値が多い人は8名だった。

私はきっと、頂点の3分の1くらいの人なんだろう。 

 

 

f:id:freedomtencho:20201201221746j:plain

初実走となるプラチナメダルは初動で14個。

必要経験値1億をもってして成るTL47になるための条件として「プラチナメダル20個」という項目があるから、TL47~TL48あたりが私にとっての最初の壁となるのだろう。 

ちょうど1年後くらいに話題に出ると思われる課題だ。 

 

f:id:freedomtencho:20201201221803j:plain

 プラチナメダルにもっとも近いのは、①ジョギング:9,198/10,000km、②ブリーダー:2,212/2,500個、の2つ。この2つはそう遠くないうちにプラチナメダルに届くだろう。

ロケット団:1,572/2,000回、それから④ハイパーリーグ:626/1,000勝と⑤マスターリーグ:498/1,000勝も、TL47を迎えるに頃には問題なくクリアできているだろう。

しかしこれで前述の14個を足して19個。20個までの残りの1個は、⑥図鑑か⑦トライアスリートのどちらかだろうか。

そのほかのメダルは到底厳しいように感じる。

 

今アップデートで初見のメダルがあった。

トライアスリート:62/100回

ホープトレーナー:47/150種

ホープコンビ:57/2,000回

トライアスリートは7日目ボーナスの数、ホープトレーナーはレイドバトルで倒した種類、ホープコンビはフレンドとレイドバトルを共闘した回数。

ホープトレーナーは1年後にプラチナメダル化していそうだが、ホープコンビはジジイになっても無理そうだ。

 

f:id:freedomtencho:20201201221816j:plain

タイプメダルは、ドラゴンのみがプラチナメダルではない。

1,164/2,500匹。

 

f:id:freedomtencho:20201201221841j:plain

ジムバトルはプラチナメダルの設定は無いみたいだ。

7000回戦ってもプラチナ化しないとなったら、きっとそれは無いはずだ。

そうだと言ってくれ!